起業を目指す30代に欠かせない「健康」

“ 特に30代のビジネスパーソンであれば、独立や起業を志す人も多いと思います。大いに頑張ってほしいのですが、その前に気を付けてほしいのは、何と言ってもあなた自身の健康です。
 頑張りすぎて、心身が故障した時、起業中で収入もなく、病院にかかる費用もねん出できないとなれば、元も子もありません。
独立や起業を目指すなら、まずは保険の見直しからはじめましょう。収入がない状態でも、保障があるかどうか。病気やけがをしたとき、どれだけの医療保障があるのか。それらの「備え」をしっかりできてこそ、独立や起業もできるというものです。
 仕事を辞めた瞬間、職場で加入していた健康保険は使えなくなります。自分で手続きをして、国民健康保険に加入するか、辞めた会社の保険を継続(任意保険)するかのいずれかになります。それを忘れていると無保険状態になるので、医療費が10割負担になってしまいます。
 また、いずれの形で保険を継続しても、前年度の収入によって保険料が算定されるので、収入はないけれど高額の健康保険料を支払うことになります。ある程度のたくわえを持って、退職手続きをすることも視野に入れましょう。”闇金を解決する

コーヒーにおぼれた男の足が痛いという話ですが

普段、管理棟の床に正座をして、口をあけっぱなしにして、天を仰ぎながら、ぎゃあぎゃあとわめきたて、神に祈りをささげるかのごとく、騒ぎながら、キーボードをたたいている自分なのですが、床が痛いので、賢く、毛布をもってきました。
これなら痛くはあるまいと思い立ち、毛布を敷こうと思ったら、毛布が、相対しているソファ、つまり向かいにかるので、取りにいけません。

向こう側にある毛布を、これを読む機会がある人は、もってきてくれないかと、懇願しても、どうしようもないため、痛くなってしまった足を直して、今度こそ、コーヒーだと自分で思っています。

親は寝たのでしょうか。
やはり、息子の醜態を見てしまうと落ち込んでしまう、それでは親不孝だと思った自分は、まともな姿勢で、お行儀よく、座って、タイピングをする事に決めました。

それにしても、コーヒーが飲みたいですね。
南海いっても、一生コーヒーなのです。コーヒーしか考えられないのです。

熟女との出会いを99%の確率で叶える登録サイトはココです

1人暮しを辞める為の準備と断捨離

” 実は事情があり、1人暮しを辞める事にしました。
その為に要らない物を捨てたり、実家に持って帰ったりしました。

今日は有難い事に父が来てくれて洗濯機やカラーボックスなどの大物を片付ける事が出来ました。
お父さん本当にありがとう。
お陰でだいぶ部屋がスッキリし、自分持ち帰る事が出来る程度になりました!

それ以外にも自分でも出来る限り要らない物を捨てたりまとめたりしてだいぶスッキリしました。
そうしたら今まで大嫌いだった部屋が少し好きになりました!
まぁ、虫がよく出るので大好きにはなれませんが(笑)
それと比例して実家に学校でもらった資料などの荷物がどんどん増えて来ました。
すると不思議と1度片付けた自分の部屋が嫌いになり、集中力が一気に落ちていきました…

断捨離はとても大切だなと今回改めて感じました。
もう1度部屋は冷静に片付けてみようと思います。
私が言える立場ではございませんが皆様も1度ご自身のお部屋を見直して見る事をオススメ致します。
ヤル気スイッチがオンになるかもしれませんよ!
引越しの見積もりをとる

一睡もできずに試験を受けた経験

私は以前、眠れぬまま試験を受けたことがあります。今回は、その時のことについてです。
試験と言っても、学校や大学の試験ではありません。資格試験です。
試験会場が自分の住んでいる市ではなかったため、かなり早く起きなければなりませんでした。

しかし、当時の私は不眠傾向にあり、全く眠ることができないまま朝になってしまいました。仕方がないので、そのまま会場へと向かいました。

受けた試験は、マイクロソフトオフィススペシャリストという試験です。wordとexelを受験しました。途中で睡魔に襲われたらどうしようかと不安でしたが、眠くはならず、普通に試験を受けることができました。結果は1勝1敗でした。

不合格だった方は、眠れなかったことが原因ではなく、ただ単に対策が不十分だっただけです。しっかり眠れていても結果は同じだったと思います。

今回は影響はありませんでしたが、場合によっては睡眠不足が大きく影響することもあるでしょう。そうならないために、しっかり眠れるようにしていきたいです。
人妻と出会いたい

リオオリンピック開会式について

リオオリンピックの開会式をみましたが、感動しました。聖火に感動しました。
最近は技術や派手にすることに力をいれてるイメージでしたがリオオリンピックは聖火はシンプルでした。
聖火がついたときはこれだけかなと思いましたが、太陽をあらわしている全体像をみたときにとても感動しました。
リオオリンピックの開会式は自然や平和に対しての訴えが思うより伝わってきました。
他の開会式よりシンプルと感じましたが大事なことがたくさん伝わってきました。
ブラジルらしいサンバもあって会場全体が和気あいあいとなったことにも感動しました。
サンバのことはよく知りませんが思わず踊りたくなるような一体感はブラジルならではです。
技術や周りのことを意識するオリンピック開会式よりもブラジル、南米らしさ、個性を大切にする開会式が新鮮でした。
選手入場でも日本人が出たときに観客が盛り上がっていたことにも嬉しいです。
ブラジルでも日本人が愛されているのかなと感じられました。人妻 出会い系

夏休みを前にもう一度再確認を!

先日トルコでクーデターが起き、多くのけが人や死傷者を出しました。イスラムの国々だけでなくヨーロッパ各国でもテロが頻繁に起こり、これまでように気軽に海外旅行を楽しむことができるような雰囲気ではなくなりました。

これから夏休みに入り、多くの日本人が海外へと旅立ちますが、これからはどこで何が起こっても、自分の身を安全な状態に確保する手段を考えておかなければなりません。

海外へ行くと羽をのばして急に気が大きくなることがあります。
日本にいる時と同じように「大丈夫だろう」とつい気を許してしまう時があります。

その時が一番危険です。人通りのない通りは避ける、夜間にはできるだけ出歩かない、貴重品は金庫に保管する、金銭はできるだけ一度にたくさん持ち歩かない、など基本的なことをもう一度思い返して確認するだけでも、安全度はかなり違ってきます。

せっかくの休暇が台無しにならないよう、個人個人で身の安全を考えながら慎重に行動したいものです。
看護のお仕事

まん丸で大きなスイカを買ってきたのに

大好きなスイカがとっても格安で売っていたので、思わず重たいことを覚悟で買ってきました。早速家に帰り、切って冷蔵庫へ入れました。買ってきたのが午前中で、とっても暑かったので、午後になったら食べようと、冷蔵庫に入れておいたのに、午後からは曇りになり、一気に涼しくなってしまい、スイカの存在すら、すっかり夕食を作るために冷蔵庫を開けるまで忘れていました。スイカって本当に暑い日じゃないと食べる気が出ないよ!と聞いていましたが、まさにそれです。本当に午前中は暑かったので、一人で大好きなまるまるなスイカを独り占めして食べようとまで考えていたのに、すっかり忘れてしまうとは、残念です。翌日もなんだかはっきりしないお天気で、スイカ日和ではありませんでしたが、スイカを切ってしまったので、早く食べなくてはと思い、食べましたが、まだまだあります。このままでは早く消費できそうもないので、ミキサーでジュースにしました。明日こそ真夏日よりになってスイカを美味しく食べたいです。30日間無利息

洗濯機を買い替えたい!

洗濯機を買い替えたいのです!
今使っている洗濯機は、一人暮らしを始めた時に買ったものなので、だいぶ古いです。
容量も4.5kgと小さいです。

一人暮らしの時は、2、3日に1回回せば良かったのですが、結婚したら1日1回。
まあこれは普通ですね。
しかし、子どもが生まれたら、1日2回は普通、多い時は3回、休日にまとめて洗濯しようと思ったら4、5回なんてことも…。
水道代やら電気代も気になるところですが、朝からせっせと回したって最後のを干してから、季節によってはその日のうちに乾かなかったりするんですよね。
で、いい加減買い替えたいし、きっと節水とか節電もよくなってるはず!

さて、次のポイントは乾燥機能です。
浴室乾燥機があるので、いらないかな?
と思いつつ、でもあると便利だよなあ。
タオルとか、ふわふわになるよなあ。
でも乾燥機能つきって一気に高くなるんだよなあ。
と迷い中です。

あ、縦型ドラム型も若干迷ったんですが、ドラム型は子どもが入れちゃって怖いということで、すぐになしになりました。
ドラム型、かっこいいですけどね。
まあ、しばらくは縦型でいきます。
乾燥機能についてはもう少し考えよう…。

中古車買取の相場を知る

親も子どもと一緒に成長しています

“ 娘が、指差しがやっとできるようになりました。
喜ばしいことです。
道を歩く犬、窓ガラス、自分が映っている写真、何でも指さしてママを振り向きます。
 こういう時は、親に「あれはワンちゃんだね」とかリアクションして欲しいのでしょう。
何度も同じ写真を指さしますが、その度に、「あれはいつ撮ったんだっけ」「オレンジのドレスが素敵だったね」と、違う言葉をかけるようにしています。
 赤ちゃんって、きっと親が思う以上に目にする風景や音に刺激されるんでしょうね。
見えないところで、棚から本を引っ張りだしたりメガネを分解するのも、赤ちゃんにとってはお仕事であり、必要なことなんですね。
 なのに、ついきつい言葉で「何やってんの!」ときつい口調で怒り、取り上げてしまいます。
理想は、どんなときもおおらかに娘を見守ってあげられることです。
後々悔いの残らないように、きつい言葉をかけてしまったと思ったら、後で沢山抱っこしてあげるなど、信頼関係をきちんと結んでいく大事時期だと自分に言い聞かせ、一人目なので手探りで子育てしています。”一括査定

私の農業体験について

あなたは農業をやったことはありますか?私はあります。趣味でやっているわけでも、実家が農家なわけでもありません。小学校でやったことがあるのです。今回は、その時の経験について書いていきます。

農業を経験したのは、小学5年生の時です。総合的な学習の一環でやりました。当時、農業といってもちょっとだけだと思っていましたが、かなり本格的でした。花壇に田んぼを作ってやりました。まずは田んぼを作ることから始まり、田植えもしました。収穫もしました。みんなで泥だらけになりながら農業をしました。

一番印象に残っているのは田植えです。農業の大変さを実感し、いつも自分が食べているごはんを作ってくれている人に対して感謝の気持ちが生まれました。

それ以降、大きな農業体験はありませんが、小学生という大事な時期に農業を経験できたことはとても大きいと思います。今の子どもたちはやっているかは分かりませんが、大人になる前に是非少しでもいいので経験してほしいと思います。
格安スマホを使う