コーヒーにおぼれた男の足が痛いという話ですが

普段、管理棟の床に正座をして、口をあけっぱなしにして、天を仰ぎながら、ぎゃあぎゃあとわめきたて、神に祈りをささげるかのごとく、騒ぎながら、キーボードをたたいている自分なのですが、床が痛いので、賢く、毛布をもってきました。
これなら痛くはあるまいと思い立ち、毛布を敷こうと思ったら、毛布が、相対しているソファ、つまり向かいにかるので、取りにいけません。

向こう側にある毛布を、これを読む機会がある人は、もってきてくれないかと、懇願しても、どうしようもないため、痛くなってしまった足を直して、今度こそ、コーヒーだと自分で思っています。

親は寝たのでしょうか。
やはり、息子の醜態を見てしまうと落ち込んでしまう、それでは親不孝だと思った自分は、まともな姿勢で、お行儀よく、座って、タイピングをする事に決めました。

それにしても、コーヒーが飲みたいですね。
南海いっても、一生コーヒーなのです。コーヒーしか考えられないのです。

熟女との出会いを99%の確率で叶える登録サイトはココです